ABOUT US

福を呼ぶデザイン

デザインというと、何かつかみどころがない、抽象的で、概念的で、よく考えるとわかりにくい。
デザイン料なんて言うと、そもそも価格もピンからキリまであって、
最近では、クラウドソーシングなんてのが出現したおかげで、そのキリも切りが無くなってきた気がする。
副業なんてのも推奨されるようになっちゃったおかげで、本業の傍ら得意な人はデザインで副業
なんて人もいるのだろう。そうすると、格安な金額が出てきちゃうんだろうな。
発注する側としては、安けりゃ安い方がいいのだろうけど、デザインを請け負う側としては、ちゃんとした対価が欲しい。
でもその対価が問題。例えば金属の加工品を請け負ったとすると、
原材料がこれだけで、あと加工賃がこれだけだから、送料とかいろいろひっくるめて5,500円です!
なんてことができ、それが対価になるわけだが、デザインはそうはいかない。
じゃあデザインの対価って何?
デザインってある意味、形がない分、金額が測りにくい。だからみんな金額もまちまち。ピンからキリまで。
でも肝心なことは、発注した側が「あー頼んでよかったな」と、心から思ってもらえることだと思う。
それが福を呼ぶデザイン。
まずは、頼んだ人たちを幸せな気持ちにする。そこからスタート。そこを目指したい。
めちゃくちゃ高い金額を払って良いデザインができたとしても、(大企業なら別なんだろうけど、、、)
やっぱりどこか懐は痛むんじゃなかいかなって思う。
一生懸命考えて、時間を費やして、やっといいものができて、
まあまあな金額(それが対価?)だったら、心から納得してもらえるんじゃないかなって思う。
デザインは、「きちんとプロジェクトの整理整頓をすること」から始まる。
さらにプロジェクトのゴールを設定し、共有し、ゴールを達成するためのひとつの要素としてデザインという術を発揮する。
だから当然、論理的にプロジェクトを組み立てて行くプロセスも必要だし、今の世に訴えかける感性も必要になる。
目に留めてもらわなければ始まらないのだから。
やっぱりきちんとしたデザインをやろうと思うと結構大変だし時間がかかる。
しっかりやっているデザイナーは、苦労してプロジェクトを成立させるわけだからやり遂げた時は感慨深いんだと思う。
そして、お客さんにも福を届けることができる。はず。
私もそこを目指したい。
福を呼ぶデザイン。
よし、これでいこう!

運営会社
株式会社中部開運堂
設立日
1972年10月7日
資本金
10,000,000円
住所
〒490-1141
愛知県海部郡大治町大字馬島字大道西3番地
マジマハウス1F
電話番号
052-414-7070

代表 矢野健一郎
Webディレクター
MBA / Webアナリスト

2010 中京大学大学院
ビジネスイノベーション研究科卒